世界感車査定
ホーム > 現金化 > クレジットカード現金化を業者に依頼する場合の換金率などについて

クレジットカード現金化を業者に依頼する場合の換金率などについて

ショッピング枠を現金にするクレジットカード現金化を行う業者は、客の目を引くという目的で最も高い金額で申し込んだ場合の換金率を表示していることが少なくありません。
この行為は詐欺というよりは口コミで客を集めるためのオーバーな宣伝という意味合いが強く、例えば95%となっていることがあります。
このような破格のパーセンテージを実現するためには一般的に数百万円の申し込みが必要で、購入金額が例えば10万円程度の場合に適用されることはほぼありません。
インターネットで検索することができる知名度の高いクレジットカード現金化の業者の場合は、購入金額が20万円以下の場合の相場は80%程度です。
例えば20万円以下のショッピング枠の利用で90%以上にするという取引を行っても、薄利で商売をしている金券ショップでない限りは大きな利益を得ることができません。
したがって、相場よりもはるかに高い換金率を公表している業者は、詐欺や何か裏がある可能性があるので注意しなければいけません。
申し込みや本人確認を行うときに実際に口座に振り込まれる予定の金額を、電話で直接問い合わせるのが良いです。
優良店であれば答えにくい質問に対しても丁寧に回答するのに対して、悪徳業者の場合は電話対応のマナーが悪いです。
悪徳業者に依頼した場合の最終的な換金率は50~60%くらいで、優良店に依頼すると上限が75~80%くらいになります。
さらに、期間限定のキャンペーンなどを利用することで、少しでも数字を高くできる可能性があります。

お得な現金化業者はこちら⇒ネオギフト口コミ